自動車保険 切り替え 注意点

自動車保険を切り替える注意点とは?

自動車保険を切り替える注意点とは?

自動車保険の乗り換え

自動車保険を切り替える上での引き継ぎや手続きのタイミング

 

自動車保険の保険料の割引・割増は、等級によって異なるのが一般的で、等級は事故歴があるかどうかで決まってくることになります。

 

期間中に事故があり保険会社への連絡を行った場合、満期日を境に等級が下がる特徴があり、逆に無事故で過ごすことができたら満期日を境にして等級が上がる仕組みになっています。
等級が下がれば保険料が高くなり、等級が上がれば保険料が安くなるため、満期前に事故があったか否かによって、現在の等級の引継ぎをさせるかのタイミングを計ることがポイントです。

 

従って自動車保険を切り替える上では、こうした等級の引継ぎに注目することが必要となります。

 

自動車保険は契約期間中に事故歴があるかどうかに注目

自動車保険の乗り換え
新車を購入した時には、必ず自動車保険に加入するのが一般的ですが、自動車保険の契約期間中に事故がない場合には、満期前の契約途中に自動車保険を切り替えると現在の等級からスタートすることになります。

 

つまり新しく契約した自動車保険の満期日まで等級が上がるのが猶予されてしまうデメリットが生じます。

 

ただ保険期間中に事故があった場合には、必ずその契約の等級は下がってしまいますが、そのタイミングが相違します。

 

そのままの場合には満期日以降となり、乗り換えをした場合は当日の切り替え時点で等級が下がってしまいます。

 

そのため事故があった場合には、満期日まで待った方が等級の下げを防ぐことが可能です。

 

もし事故をあった場合の自動車保険の乗り換えを検討する場合、等級が下がるのは仕方がありませんが、新たに自動車保険を乗り換える上での特典やメリットがある場合はそれを比べて検討を行ってみると良いかもしれません。

 

廃車から新車納入までの期間が空く場合の取り扱い

自動車保険の乗り換え
事故を起こすとその自動車の損傷が激しく、それを直ちに廃車を行わなければいけなくなることもあります。

 

その場合、廃車から新車を購入し、納入するまでの期間がかかってしまうケースでは、自動車に乗ることができない期間があることは言うまでもありません。

 

等級の引継ぎは保険契約の解約から7日以内に次の切り替える保険契約を締結しない限り、引き継ぐことができません。

 

そういった場合に上がった等級をどうしても引き継ぎたいというケースでは保険期間通算特則という制度があり、解約する保険会社への連絡で中断証明書を取得することで等級を引き継ぐ期間を延長させることが可能です。

 

中断証明書の取得に必要書類は、廃車・譲渡・返還等と海外渡航・妊娠などで相違し、それを解約する保険会社に提出することで取得することができます。

 

必要書類には登録事項等証明書、検査記録事項等証明書、譲渡前後の自動車検査証などが該当します。

 

中断証明書を取得したら切り替えた自動車保険会社に提出を行うことで、等級の引継ぎがされることになります。



ホーム サイトマップ