ソニー損保 保険期間通算特則

ソニー損保の保険期間通算特則

ソニー損保 保険期間通算特則

自動車保険の乗り換え

ソニー損保で契約途中での乗り換えの取り扱いの内容

自動車保険の乗り換え
自動車保険の取り扱いを行っている保険会社にソニー損保がありますが、現在、加入している自動車保険の契約途中での乗り換えについては注意が必要です。

 

ソニー損保に等級の引き継ぎは行われますが、無事故である場合の等級の進行が遅れてしまいます。

 

しかも等級の引き継ぎを行う場合には、ソニー損保へ契約を開始したその日に今までの自動車保険の解約を行う必要があり、タイミングを失すると引き継ぎが上手く行われない状態になることもあります。

 

ソニー損保は保険期間通算特則がある保険会社であるか否か

自動車保険の乗り換え
自動車保険には加入してから満期日が存在しますが、満期日を得ることで自動車の等級も更新される形になります。

 

等級は保険料の算定に必要な要素であるため、一年間の無事故であれば等級も1つ上昇するのがポイントです。

 

ただ自動車保険を満期前の契約途中での乗り換えを行うと、新しい保険会社に等級の引き継ぎ自体はなされても満期日も加入のタイミングから1年になってしまうため、どうしても損が発生することとなります。

 

そこで保険期間通算特則がある保険会社であれば、等級の引き継ぎが行われても満期日も前の保険会社と同じ満期日を設定することができ、無事故であれば等級も一つ上昇することが可能です。

 

ソニー損保が保険期間通算特則がある保険会社かどうかについては、よくある質問では契約の途中での乗り換え自体は可能ですが、保険期間通算特則が適用されないため、等級進行が遅れてしまいます。

 

そのためソニー損保としては、契約途中での乗り換えをおすすめしていないです。

 

契約途中での乗り換えで必要書類や内容変更などの注意点とは

自動車保険の乗り換え
ソニー損保は、保険期間通算特則がある保険会社ではありませんが、他の自動車保険からの乗り換え自体はすることが可能です。

 

乗り換えのタイミングで一番最適なのは、他の自動車保険の満期日と同日にソニー損保と新規契約を行い、同日に前の自動車保険の解約の手続きを行います。

 

そうすることで等級自体を上げることができ、満期日までの保険料を損をすることなく、スムーズに契約を移行させることが可能です。

 

なお保険に加入していない空白期間がないことを証明する必要書類については、解約をした場合には解約証明書を前の自動車保険会社より貰っておきます。

 

また自動車保険の内容変更があっても等級の引き継ぎ自体には影響を与えるものではありません。

 

他に保険料に関しての注意点もあり、契約途中での乗り換えの場合、前の保険会社に保険料を既に支払っている場合は日割りで返金されるのではなく、戻らない場合があったり、戻って来ても微々たる場合になることも多く、保険料で損するケースもあります。



ホーム サイトマップ