自動車保険 等級 下がる

自動車保険の等級はどういう場合に下がるのか

自動車保険の等級はどういう場合に下がるのか

皆さんは、自動車保険には等級という制度があることをご存知ですか。

 

初めて自動車保険に加入する場合は6等級からスタートし、最高で20等級まで用意されている等級制度ですが、なんと20等級にもなると、最大で63%というかなりの額の保険料割引を受けることができるのです。

 

また、1台めは6等級からのスタートですが、2台めは7等級からスタートできるといった制度になっています。

 

等級は、1年間無事故の場合は1等級ずつランクアップしていきます。

 

一年目が6等級、二年目は7等級という具合に等級がアップしていきます。

 

これにより、毎年保険料の割引を受けることができるようになるのです。

 

また、保険会社を乗り換える場合にも、この等級は引き継ぐことができるので、損にはなりません。

 

それでは、嬉しい割引を受けられる等級ですが、どういった場合に下がってしまうのでしょうか。

 

それは、事故を起こして、保険を使用した場合です。

 

とてもシンプルでわかりやすいですね。

 

1度事故を起こして保険を使用すると、3等級ダウンしてしまいます。

 

また、等級がダウンしてしまうだけでなく、事故あり等級というのが適用されて、通常の同じ等級の割引率より、低い割引率が適用されることとなっていまうのです。

 

さらに、事故を続けざまにおこしてしまい、最低の1等級となってしまった場合には、保険の引き受けを保険会社に断られてしまう危険まであるので注意が必要です。

 

また、等級ダウンを避けて保険を使用しないという方法をとる人もいます。

 

相手が居ない自損事故の場合で、車の故障もそれほどない場合は修理費を負担した方が、翌年の保険料が上がることを考えると得な場合もあるのです。

 

保険を使用するときは注意しましょう。

 

また、よく勘違いされている方がいらっしゃるのですが、いわゆるロードサービスのみの利用の場合には翌年の等級には何の影響もありません。

 

鍵を閉じ込めてしまった場合や、ガス欠で車が止まってしまった場合に、ロードサービスを利用しても、3等級ダウンしてしまうことはありませんので、心配しないでください。

 

自動車保険には、嬉しい割引を受けることができる等級制度がありますが、どういった場合に等級が下がり、どういった場合には影響が無いのかを事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

また、保険料の割引率については、会社により異なる場合がありますので、乗り換えを検討している方は、乗り換え先の割引率を事前に調べておきましょう。


ホーム サイトマップ