自動車保険 保険料 安くする メリット デメリット

自動車保険を毎年変えて保険料を安くする以外のメリット・デメリット

自動車保険を毎年変えて保険料を安くする以外のメリット・デメリット

自動車保険の乗り換え

一社に拘らない自動車保険の魅力とは

自動車保険は、自動車を運転する方には万が一の事故のために備えておく保険として加入するのが一般的です。

 

ただ毎年、満期での解約を繰り返して乗り換えキャンペーンを受けるという方法もあり、キャンペーンでは保険料の割引からキャッシュバック、商品や金券がもらえる等のさまざまな特典が付与されることもあります。

 

しかし自動車保険を切り替える注意点としては、自動車保険を乗り換えるタイミングがポイントなり、タイミング次第では損をする可能性もあります。

 

特に等級は保険料算定の基礎的な事項になりますので、高い等級の場合であれば、その等級を引き継がせることがポイントです。

 

自動車保険を毎年変えるメリットは保険会社による

自動車保険の乗り換え
自動車保険を毎年変えるメリットには、乗り換えキャンペーンが魅力的で他社からの乗り換えのメリットを享受できる様な特典が用意されている点があります。

 

もちろん自動車を乗っている人の年齢、事故歴、車種などによっては、今までの保険会社より得をする特典が用意されていることもあり、自動車保険を乗り換えるタイミングであれば乗り換えを行った方が良い場合も多いです。

 

他にもネット割引や新規割引が魅力的でメリットも大きいのも理由としてあります。

 

なお前の保険会社で一括して保険料を支払った場合には満期での返金に応じることあり、自動車保険を毎年変えても返金を得られたりすれば、それも魅力的です。

 

もっとも自動車保険の乗り換えキャンペーンは、期間を区切って行われるケースがあります。

 

もし該当する期間内で乗り換えを行うことができるのであれば、それにこしたことはありませんが、最大限のメリットを得るためには満期での解約と同時に次の新しい自動車保険に加入することとなります。

 

場合によっては保険期間通算特則の適用を受けることで、前の保険会社の満期をそのまま継承させることができるケースもあります。

 

自動車保険を毎年変えるとデメリットも大きい

自動車保険の乗り換え
自動車保険を毎年変える理由には、契約途中で車変更の場合や車の保険を途中で内容変更を行うなどの理由もあり満期での更新ができないこともあります。

 

自動車保険を毎年変えるデメリットは、場合によっては等級の引き継ぎがうまくできない場合があることです。

 

折角、無事故を貫いたことで等級が上昇されているのに、その上昇自体が遅くなってしまったり、手続きがうまくいかないことでスムーズに引き継げず、また最初の等級に戻ってしまう場合もあります。

 

しかも自動車保険会社によっては長期割引の特典を設けている場合も多く、長期間継続して契約を維持することで割引を受けることができます。

 

自動車保険を毎年変えると長期割引を受けられず、また自動車保険を乗り換えるタイミングが重要となり、必要書類を揃えたり、必要な手続きが面倒となることもデメリットになります。

 

そのため現在加入している自動車保険の満期での更新をした方が、長期的に見ると良かったりするケースも多いです。

 

 

自動車保険を乗り換えると保険料が安くなります!切り替えるタイミングは今!割引キャンペーンや特典を比較して安い保険会社を見つける方法を解説!任意保険がお得になる一括見積もりとは?



ホーム サイトマップ